過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

本ブログは移転してます!!最新記事は新ブログでお読みください!

新ブログ ⇒ http://golden-tamatama.com/

スポンサードリンク

明日の売買サイン

「売り」です。(ロスカット設定150円)

本日の成績

買い 17400->16380 -20
-2万円

累計 +6-2=+4万

スイング(ロスカット設定300円)
売り 17260->17380 -12万
-12万ホールド中

宝くじプット
1月限16500円×10枚 3->10
+7万で利確しますた。

-2万ですた。まぁ、明日があります。坂元九さんの
明日があるさという歌は良いですね。元気づけられます。

さて、またまたぜんぜん関係ないですが、
最近、防衛庁が防衛省になったり、
共謀罪審議とか、教育基本法の改正とか。
ネットの個人情報の開示法案とか。
ATM振り込み限度額10万までに制限とか。

なんだか物騒な動きを勘のするどい人は感じて
いらっしゃるかと思います。
どうも戦時体制に向かっていると
どんなに鈍い人も分かるでしょう?

それはどこのどいつが糸をひいているのでしょうか?
玉蔵の金玉がピクピク反応しています。
朝に久しく寝たままだった竿の方もひさしぶりに
エレクチオンして危険をつげています。
鬼太郎の妖怪センサーのように久しぶりに男らしく
ピンコ立ちしています。
玉蔵センサーをなめてはいけません。

ちなみにこの間の週刊オルタとブログに以下のような
怪文章がのってますた。

-----------------------
「日本国内での臨戦体制確立の背景」

1. 中国政府の内部文書「今後50年の展望」には、2030年
までに中国は米国と戦争を行う、とし、米国を敵国とした
上で戦争のための軍事力の増強、エネルギーの確保を行う、
としている。

2. 現在ガソリンの値段が高騰しているが、中国が産業用・
軍事用に世界中から原油を買いあさっている事が、高騰原因
の一つとなっている。

3. 中国はイラク南部に石油開発の利権を持っていたが、
米国のイラク攻撃でイラクの石油開発の利権は米国の手中に
落ち、中国は「中国の石油開発権を奪うために米国はイラク
攻撃を行った」としている。

中国はイラク戦争は米国と中国
の戦争だ、と認識している。
(かなりの誤認だが中国は、そう思っている)。

4. 中東監視のため、米国はサウジアラビアに巨大な軍事基地
を持っているが、中国は米国との戦争に備え、対岸の
スーダンに70万人の中国人民解放軍を常駐させ、スーダンに
経済支援を行い、米国との戦争に備えている。
米国はイスラム原理主義のスーダンを中国が支援している、
と批判している。

5. 東シナ海の石油開発を巡り、日本と中国は対立しているが、
昨年9月9日中国の情報収集戦艦が石油開発現場に現れた
ため、米軍機3機がスクランブル発進した。

自衛隊機でなく何故米軍機なのか、は問題だが、この時、
米軍機1機は上官の指示に逆い、中国の戦艦をミサイルで
ロックしている。

ロックされれば次に起こる事態は中国艦が
ミサイルで撃沈される事であり、それを回避しようとすれば
中国艦は対空ミサイルで米軍機を撃墜するしかない。

1機が撃墜されれば他の米軍機2機は報復として中国艦を
撃沈するであろう・・

ミサイルでロックする事は戦闘行為そのものであり、
パイロットは上官の指示に逆らって暴走し戦闘行為を行った
事になる。

6. 既に報じた、米国のケネディ行政大学院の院長ジョセフ・
ナイが民主党共和党の議員200名余りを集め作成した
「対日超党派報告書」の日中米の戦争は、こうした
中国と米国、超大国同士の「仮想敵国視」、さらには
現場の兵士の暴走によって現実化しかねない状況が
生まれつつある。

こうして「臨戦」とは、「いつか来る戦争」では無くなり
つつある。

しかし日中米の戦争が米の東シナ海の石油獲得戦争であり、
米が日本を「使い捨て」にする計画である事に、
再度注意を喚起しておきたい。
-------------------------------
-------------


1. 総理大臣直属の内閣官房所属の内閣官房副長官5人
(政務、事務担当)が、継続して日本の戦争計画、そして
日本政府の借金(国債)の債務不履行(踏み倒し)計画を
総合的に研究・検討している事が判明。

研究会の名は危機管理マスタープラン「国家危機管理研究会」
である。

その内容は以下の通り。

1. 現在日本政府の借金(主に国債)は1000兆円を超え、
その利息だけで年間45兆となり、日本政府の年間の収入を
上回っている。

全収入を支払っても利息さえ返せない状態にあり、借金の
元本は増えるばかりである。それは、現在政府の行っている
増税や歳出削減で解決出来るような次元にはない。

日本の国は既に破産し崩壊している。米国も借金の額は日本
の2倍を超え、破産状態にあることは日本と同じである。

2. この問題に対する解決策は1つしかない。
借金の「踏み倒し」つまりデフォルト宣言である。

実際に第2次大戦中、日本政府が発行した国債は敗戦に
よって支払拒否が可能になり実際に「踏み倒され」ている。

3. 政府による国債(借金)の踏み倒しは戦争や株為替の暴落
(金融パニック)のような有事にしか可能でない。

その直近の「チャンス」は、北朝鮮による日本への核攻撃、
または台湾と中国との軍事衝突、それに続く米国、自衛隊と
中国軍との戦争である。

北朝鮮または中国軍による日本本土への攻撃、により
自動的または政府の作為により金融パニックが引き起こせる。

4. こうした戦争により株、国債、通貨が「紙クズ」になった
ように見せかける事が可能になり、政府の債務解決には
「戦争が不可欠」である。

日本国民の中には、長年働いて作った貯金がゼロになった事
に不満を持ち、暴動を起こす者も出て来るであろうが、
そうした国民を「軍事力」で弾圧するため、自衛隊による
首都圏封鎖と戒厳令の発動等、軍事力による国民の不満の
「制圧」プランは既に完成している。

5. さらに政府への批判を2人以上で口にしただけで逮捕
出来る「共謀罪」の新設、

学校教育現場での日の丸君が代の強制による「国家への忠誠」
の強制、

政府を批判したり反戦を主張するビラを配付しただけで逮捕・
有罪になる裁判所制度の改悪等、

日常的に国民の不満を警察、裁判所、自衛隊を使って
「総合的」に弾圧して行く仕組み作りが必要である。

--
現在進行しつつある個々の法律の改悪、裁判所の
機能不全、自衛隊の海外派兵は、こうした「総合的」計画の
下に「体系的」に作られている。

・・・また、米国はイラク問題が沈静化した後には、イラン
の核施設問題で厳しい外交・軍事行動を起こす計画であり、
その次には北朝鮮問題の外交による「包囲網形成」
(戦争挑発)と軍事行動を計画している。イラン問題に次ぐ、
米国の北朝鮮政策により、「自動的」に日本の金融パニック、
戒厳令体制は来る事になる。
-----------------------------


そ、そんな戦争なんてやらなくても借金棒引きして欲しければ
言ってくれればいいではないですか。
言ってくれれば税金で私腹を肥やした官僚やら天下り先の特殊法人やら
外郭団体やらの職員を全員絞首刑にした後にすっきりと棒引きしてあげるのに。。
国民も舐められたものです。
要するに北チョンを使ってヤラセの戦争をやってウヤムヤにしたいのでしょうか。
まぁ、人間の考えることなどそんな程度です。
嘘か本当か分かりませんが。だいたいそんなもんでしょう。

こういう姑息なことを考え毎日自己保身欲求だけで生きているのが
霞ヶ関に巣食う官僚たちなのです。退職後はどこぞに天下って。。
うほほほ。これで老後も安泰。うほほ。などと毎日を舌舐めづり
しながら生きているウンコ以下の人間達なのです。
ワタスのように自己の才覚で老後を生きようなどという
根性はないのですた。
愛国心もへったくれもあったものではないではないですか。
そういう腐った売国魂と、腐ったユダ公の商魂がいみじくも
シンクロナイズドして、北チョンとのやらせ戦争を考えついたり
してるのです。

こういう下らないことにひっかからないように
皆さんも海外に口座でも作って、さっさとキャピタルフライトして
しまいましょう。今ならまだ間に合うかと思います。

パスポートだけで簡単にスイスに口座を開けるので
今度ここにやり方をのせることにします。
スイスという国は、ハゲタカの根拠地であり、
ロス茶イルドのお膝元であり資金逃避場所であり
まぁ最近ではスイスにもEbankみたいなものはありますからね。
まぁ、日本のEbankよりは、スイス銀行法という
厳しい法律に守られているので安全かと思います。
Ebankなので郵送で口座を作れてしまうわけですた。
それでは本当にありがとうございますた。
明日もまたがんばります!
関連記事
スポンサードリンク
  1. 2007/01/26(金) 19:01:34|
  2. 明日の売買サイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

スイス銀行ですか。
東京電力の引き落としもできるのでしょうか。
スイス電力だけでしょうかね。
  1. 2007/01/27(土) 22:29:31 |
  2. URL |
  3. 先物太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://www.golden-kintama.com/tb.php/48-47c2ca56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)