過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

本ブログは移転してます!

最新記事は新ブログでお読みください!⇒http://golden-tamatama.com/
スポンサードリンク

夏祭り

皆様、暑い夏いかがお過ごしでしょうか。
実は、近くの町で夏祭りがあるというので、
親類の家まで遊びに来ています。

ワタスの家は、何にもないところにありますが、
近くに親類もいるのでちょくちょく遊びに来たりしています。
まぁ、まったく土地勘のないところでは、近くに親類がいるのは心強いことです。
いろいろと世話をやいてもらっています。
お盆なので今日は、こちらに泊まります。

しかし、祭りというのは本当に良いものですね。
親類の家の近くの神社であったのですが、
浴衣をきた人たちが、輪をつくって盆踊りを踊る姿は、何か幻想的な感じがしますた。
日本人はやはり浴衣が似合います。
ゆかたを着た子供らを見ると実にかわいい。
3歳ぐらいの子でしょうか。
じんべえさんを着たかわいらしい子供が盆踊りをうれしそうに踊っているの
を見ると、この子供たちの将来が
幸せであるようにと願わずにおれません。

そういえばワタスもその昔は、父と母に手をつられて、
村のお祭りにいったような、かすかな記憶があります。
田んぼのあぜ道を、やさしい母と父に手をつられて歩いた
そういう記憶を思い出しました。

今のワタスをささえているのは、その頃の記憶かと思います。
幼いころに家族や近所の人たちのやさしさにつつまれていたころの記憶が、
今の狂った世の中に対する強烈な違和感と反発心を生み出すのかもしれません。
何かがおかしい。何かが間違っている。
子供のころ、父と母と兄弟たちと一緒に川の字になって
眠ったあのころ。
天井を見つめながら本当に幸せだなと思ったものですた。
あの頃の満ち足りた思い、幸せだったころの記憶が私をかりたて
狂ったようにこういうブログを書せるのかもしれません。

さて、今でこそ田舎に移り住みゆっくりした時間をすごさせてもらっていますが、
ちょっと前までの都会での暮らしを思い返すに、良くあんなところに
住んでいたなと自分でも呆れる思いです。

ワタスは都会に住んでいたころはときどき地下鉄を使っていたりしたのですが、
良く大人どうしでも胸倉をつかみあって怒鳴りあっているサラリーマンなどを
見たりしたものです。
何がそんなに腹ただしいのか、お互いに狭い電車内で仲良く乗れば
いいではないですか。
肩がぶつかっただの良い大人が大騒ぎする話ではないではないですか。
ある日ワタスが地下鉄の乗り換えが分からなくなって改札のあたりでオロオロしていたら
邪魔だと思ったのか思いっきり後ろから突き飛ばされたことがありますた。
危うく転倒しそうになったところを、昔ならった柔道の受け身で事なきを
得たこともありますた。

まぁ、なんというか、せわしなく、そして殺気だっているなと思ったものです。
今の世の中はみんなキチガイになっているのだと思います。

しかし、まぁ、そんなことは言っても
多くの人が殺気立ちキチガイになるのも無理はないのかもしれません。
今の社会に心の平安などないのかもしれません。

たとえば、サラリーマンなら会社に行って、営業成績が悪いだのなんだの
上司からいびられたりする。リストラにおびえて脅迫観念にかられて
馬車馬のように残業をしている。
不景気になったら、やれ商品が売れない。売上が落ちたとオロオロしだす。
そして、その上司もこんどは役員クラスからやいのやいの言われたりして、
役員は、今度は株主から突き上げを食らったりするのです。

しかし、この社会は根本から狂っているのは、
たとえば、会社という組織が、人間社会の基本になっているとするならば、
その頂点に立てるのはというと、社長という人がいるかもしれませんが、
基本的にはその会社の株を多く持っている人間、会社の株主(オーナー)が
頂点に立っているのです。

会社というのは、普通に考えて、資金がある人が、自己資金ではじめる場合もあるし
銀行からお金を借りて始める場合もありますが、
根本的に言って、そのピラミッド構造の頂点に立って威張りくさっているのは
あるまとまったお金を持っている人間なのです。

平社員は、末端のこき使われ役です。
まぁ、最近では平の正社員になれればいい方で、派遣や、契約社員が
末端のこき使われになっています。

さて、こういうピラミッド構造をなしているから、ふつうのサラリーマン社会は、
平で下済みを一定期間やると、ちょっとづつですが、上に行けるような仕組みに
なっていて、まぁ日本の会社なら、定年まじかになって雇われ社長になれたり
するのです。

しかし、前にも書きましたが、不思議な話です。
そうやって一生かけて汗水流してがんばって働きアリのように働いて
やっとたどり着けたと社長の座と言えども、株主(オーナー)には頭が上がらないし、
では株主はどこかと調べたりすると、どこぞの銀行だったり、ハゲタカ投資銀行
だったりするのです。
会社の経営陣は、会社の運営をするのに
設備投資なんかや会社の運転資金で銀行に融資を
頼みに行くときにはペコペコ銀行に頭を下げて、ご機嫌伺いに行くのです。

銀行は前にも書きますたが、実態も何もない詐欺集団です。
ということは、この社会の頂点には単純に詐欺師が君臨しているという
ことになります。

さて、皆さんは不景気になったらどうしようなどとオロオロしたりして、
不景気という言葉を聞くと嫌な顔をしますが、
では不景気とか景気がいいとか言う状態は誰が作りだすのでしょうか?

実は、銀行が自由に作りだせるのです。

日銀が金利を据え置くとか、あげるとか
経済ウンコ評論家がしたり顔でなんだかんだ言ったりしていますが、
そんなものはウンコ話でなので聞く必要はありません。

仕組みは単純です。

銀行が貸し渋れば、景気が悪くなる。
バカスカ貸しだせば景気が良くなる。
ただそれだけのことです。金利なんて関係ありません。

そして、銀行はただの詐欺組織です。
通帳に数字を書きこんでいるだけの、中身は空っぽの巨大な合法的詐欺組織です。
そして、銀行の頂点にいるのが、日本では日銀であり、アメリカではFRBであり、
奴らの支配下です。
ロスチャイルドキチガイ男爵がいみじくも言ったではないですか。
通貨の発行権(中央銀行)さえ手にはいれば法律なぞ関係ないと。

一生懸命馬車馬のように働いて、身を粉にして働いている人が、単なる
詐欺師に頭が上がらない社会。

ワタスだったら普通に考えていちぬけたーと思うでしょう。
田舎に行って自給自足する方がよっぽど、正常というものです。

この世の中はまじめに根本的な仕組みを考えれば考えるほど、頭がおかしくなるのです。
なんで、世の中の普通の人はキチガイにならずに平然と暮らしていけるのか。
いや、正常人と思っている人こそキチガイで、キチガイと思われている人こそ正常なのでは?
自分で正常と思っている人は、実はキチガイなのでは?

ワタスは、皆さんより早くこのキチガイ社会から一足先に抜け出したということなのだと思います。
皆様、電車にのって、肩がふれただのでイライラする前に、
こういう根本的なことを考えて見て下さい。
今、自分が住んでいる社会の異常さに気付いて下さい。

長々と書いてしまいますた。
明日は、また、あばら家にひきこもります。

また、何かありましたら山から下りてきて書き込み致します。

それでは、本当にありがとうございますた。
関連記事
スポンサードリンク
  1. 2008/08/16(土) 22:30:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

コメント

足るを知る、この豊かさよ
  1. 2008/08/17(日) 00:31:32 |
  2. URL |
  3. かっぱ #-
  4. [ 編集]

はじめまして

正常とキチガイ、私もまったく同じことを思っています。
正常と異常の境は?
自分さえよければいい、この狂った世の中で、気が狂うほうがまともな気がします。
悲しいです。
不自然な世界では、なかなかぬくもりは見つけられません。
  1. 2008/08/17(日) 04:50:33 |
  2. URL |
  3. MOON #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/08/17(日) 08:27:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

経験からの真理抽出

はじめまして。
 おっしゃることはほとんどそのとおりですね。
例えば投資などをやられる方は、世の中の動きやトレンド、群集心理、トップの政体等・・を真剣に観察・考察せざるを得ず、そうしている間に、その社会の全体像が見えてくるようです。
 なんだ?この仕組みは?一生を賭ける価値あるんか?みたいな理解になりますかね。
 「大枠きちがい社会」にどっぷりつかって、ズバッと抜け出すと
またよーく見えてくるものでしょう。
 昔の悟りを得たといわれる覚者たちは、何らかの事情や経験をきっかけに、この世の「観念による仕組み」から、抜け出た方々なのでしょう。
「世界にあっても、世界の一部になってはいけない」ようなもの。
しかし、その渦中を1度経験しなければ、それを超える静かな俯瞰する視点も分からないかもしれません。自然の生死形態によらず、己の意図・覚悟で抜け出すことが、1つ悟りともいえるんでしょうか。
  1. 2008/08/17(日) 09:48:45 |
  2. URL |
  3. マッチョマン #kBU0PDh2
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/08/17(日) 12:54:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

玉蔵さん 更新 ありがとう 御座います。
次も 楽しみに 待っています。
  1. 2008/08/17(日) 20:13:11 |
  2. URL |
  3. MI #-
  4. [ 編集]

 Mr.金玉先生

笑い話を2.3発!

隣町のこと。住民の反対を押し切って高層マンションができました。そのせいで、北側の住宅地はもろ日陰。何年か経ち今度はそのマンションの南側に同じ様なマンションが建設予定となりました。そうしたら、そのマンションの屋上に大きな横断幕が『高層マンション建設・断固反対!』

ファーストフード店にて。白い杖を持った盲目の方が「○○セットを下さい」応対したお姉ちゃんは「申し訳ございません、あれは季節限定で今はやってません。変わりにこちらはいかがですか」と写真付のメニューを指差す。

ショッピングセンターの駐車場にて。障害者専用パーキングに置かれた、取り外し可能の車椅子マークを付けた高級スポーツカー?。

馬鹿の大足。間抜けの小足。中途半端はろくでなし(足)。丁度いいのは、『俺の足』。

それぞれ面白いですよね~。「まったく、どいつも、こいつも」ってよく言いますよね。それを言う時に必ず付け加えてほしいのは、
『あんたも、俺も』って!
  1. 2008/08/17(日) 22:51:42 |
  2. URL |
  3. 常時ソーロース #-
  4. [ 編集]

お元気そうでなによりです。

齢を重ねた方の御意見を参考にしたく
BLOGの更新を楽しみにしております。

残暑が続きますが、無理をなさらない様に
御自愛ください。

  1. 2008/08/18(月) 03:41:52 |
  2. URL |
  3. スズキ #-
  4. [ 編集]

倒錯した世の中

玉蔵先生、はじめまして!
>>正常人と思っている人こそキチガイで、キチガイと思われている人こそ正常なのでは?
 同感です。世は倒錯していると感じます。悪貨が良貨を駆逐する如し。又、次々と偽装が明るみに出ています。世界はfake(フェイク・偽装)の上に成り立っているのかもしれません。911やFRBの真実を知りました。何が真実で、何がウソであるか分からなくなりました。聖書の黙示録18章に類似のことが書かれてあります。

 『地上の王たちは、彼女(大バビロン)と不品行を行い、地上の商人たちは、彼女の好色によって富を得ました。』

 しかし、大バビロンは倒れると聖書は記しています。
大バビロン=新自由主義=むさぼり・無限大の欲望=虚の富

 『地上の商人達は彼女(大バビロン)のことで泣き悲しみます。もはや、彼らの商品を買う者が誰もいないからです。商品とは、オリーブ油、小麦・・・車、奴隷、人の命です。・・・お前の商人達は地上の力ある者達で、全ての国々の民がお前の魔術に騙されていたのです。』

人が商品として売買されることが合法化されています。
奴隷(労働搾取)=製造工場への派遣労働。
詐欺師=地上の力ある者達=銀行・中央銀行
詐欺師の君臨する社会は砂の上の楼閣でしょう。
いろいろと教えていただき、ありがとうございます。
  1. 2008/08/18(月) 10:05:53 |
  2. URL |
  3. シロー #amXlFcx2
  4. [ 編集]

いい事言うね~ふぐり先生カムバック!!
  1. 2008/08/18(月) 18:43:07 |
  2. URL |
  3. どん #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/08/19(火) 00:57:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

会社組織の異常さもさることながら、都会はもう物理的に
限界でしょう。
ご存じのように 人にはパーソナル・エリアというのがありますから。
現代の都会は合理性と利便・利益優先で、動物が持っている本性(ほんせい)までも、、生理的な機能までも侵食してしまってるのです。
  1. 2008/08/19(火) 21:18:48 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/08/22(金) 21:39:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://www.golden-kintama.com/tb.php/215-da4ae0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)