過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

本ブログは移転してます!

最新記事は新ブログでお読みください!⇒http://golden-tamatama.com/
スポンサードリンク

明日の売買サイン

「買い」です。(ロスカット設定130円)

本日の成績

売り 18020->18040 -20
-2万円

累計 +140-2=+138万

スイングオプション
コール買い6C19000 20->3*5枚=-8.5万ホールド中

うほっ-2万です。
しょぼーん。

さて、最近、松岡農相の話題が週刊誌を
にぎわせていますが、あれは完璧に暗殺と見て良いでしょう。
ライブドアの時も野口氏が割腹自殺をしたという報道でしたが、
この現代社会にわざわざ腹をかっさばいて死ぬサムライマニア
がいるとは思えません。
まぁ、いろんな報道機関の記者も人の子です。サラリーマンです。
自分が東京湾に浮くことはやはりできないのでしょう。

まぁ、いろいろ書かれてあるので以下リンク先を読んで下さい。

勝谷誠彦の志ジャーナル
http://www.mbs1179.com/katu/

コラムニスト・勝谷誠彦氏は3日、MBSラジオ「勝谷誠彦の
志ジャーナル」で週刊新潮の記事を引用し、「松岡農水相は首を
吊った状態でSPらに発見された」「SPらはそのままの状態で
20分間放置した」「確実に死ぬまで放置したのではないか」
「不審な状況なのに警察に通報しなかった」などと発言した。

※音声:6/3放送分(9分00秒あたりから)
http://mbs.co.jp/radio_bar/asx/katu/katu.asx
http://mbs.co.jp/radio_bar/smi/katu/katu.ram

ゲンダイネット
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/04gendainet02032119/

立花隆氏
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070531_tentosen/index2.html


独立党のブログ
http://dokuritsut.exblog.jp/
松岡農水相事件の事実関係を整理する政治家としての
松岡利勝氏は、農林水産省出身の典型的な農林族議員。
支持基盤は農協など国内利権団体であり、彼らの後ろ
盾を失うことは政治生命の終わりをも意味する。一昨
年の郵政選挙では党執行部に恭順したとはいえ、米国
の意向を忠実に従う小泉、安倍らの「改革」路線とは、
いずれ利害の対立を避けられない立場にあったと言える。

その松岡氏が死ぬ前後に起きたことを、時系列順に整理。

4月13日
電車内で女性の尻を触ったとして、農林水産省生産局種苗課の審査官が、痴漢で逮捕。農水省HPによれば、同課審査官の業務は、「農林水産植物の品種登録の審査 」。

4月27日
緑資源機構の官製談合事件を捜査中の東京地検で、公正取引委員会が押収した証拠品を、地検特捜部が「紛失」する不祥事が発生。

5月8日
特捜部が紛失した証拠品は書類、手帳など合計26点に及び、清掃員が誤って焼却してしまっていたことが判明。これにより、栃木庄太郎検事正、岩村修二次席検事、八木宏幸特捜部長ら7名に厳重注意などの懲戒処分が下る。

5月18日
松岡氏の事実上の秘書だった地元の企業経営者が、熊本県阿蘇市の自宅で「首吊り自殺」。

5月24日
東京地検による、緑資源機構の強制調査が始まる。
安倍首相が捜査当局との連絡を取り合う関係であったことは、最近の発言から裏付けられる。

5月26日
電車内で女性の胸を触ったとして、農水省総合食料局食糧貿易課課長補佐の浦川政義容疑者が、強制わいせつ容疑で警視庁万世橋署に現行犯逮捕。容疑者本人は、「酒に酔っていて、覚えていない」と供述。食糧貿易課は主に米・麦の輸出入に関わる業務の担当部署と見られる。


5月27日
農林水産省北陸農政局福井農政事務所の消費流通課係長・新木友志を下着窃盗の現行犯で逮捕。福井農政事務所HPによると、消費流通課の業務は「備蓄の運営、主要食糧の流通・加工業者指導、消費拡大、検査、農産物の検査・指導等米穀の輸出入の届け出に関することを行っています」。


5月28日
松岡氏が「自殺」。ここで状況を整理。

【遺書】
当初、「遺書は見つかっていない」と報道されていたにも関わらず、死後の報道では、「8通の遺書が机の上に並べられていた」。8通のうち家族宛のものがなく、公開もされないのは、肉親の目に触れると不審に思われる点でもあったためか。

【発見者】
報道によれば、重体の松岡氏を最初に発見したのは、松岡氏の秘書。
だが同氏は少なくとも1988年時点、統一協会から秘書4人を借り受けていた。給与を払わずとも勤勉に働く彼らを松岡氏が重宝していたことは想像に難くないが、この第一発見者とされる秘書はどのような素性の人物か?

【死因】
松岡氏の自殺の動機とされる緑資源開発の談合問題。だが、この緑資源機構に関わっている政治家が、松岡氏一人でないことは各種調査からも明白。

また、緑資源開発がらみでは島根、熊本両県で実施されている農用地整備事業でも、270億円に及ぶ談合が行われていた。



(熊本県選出衆議院議員)

1区 松野頼久(民主) 細川護煕の秘書を経て地盤を継承。岸信介・佐藤栄作の側近だった松野頼三の長男。
2区 野田 毅 (自民) 元保守党党首。親中国派のひとり。郵政民営化法案の衆議院本会議での採決を棄権。
3区 松岡利勝(自民) 自殺。
4区 園田博之(自民) 郵政民営化に際し、自民党内の取りまとめ役を果たし貢献。
5区 金子恭之(自民)農林族議員。人権擁護法案に反対。

(同参議院議員)

三浦一水(自民)、木村 仁(自民)

(島根県選出衆議院議員)

1区 細田博之(自民) 清和会所属。小泉政権で官房長官。福田康夫の側近。
2区 竹下 亘(自民) 経世会所属。環境大臣政務官。竹下登の実弟。

(同参議院議員)

青木幹雄(自民) 経世会所属。参議院のドン。
景山俊太郎(自民) 娘が松岡の息子と結婚。

安倍-中川の自民党主流派は、参院のドンで旧橋本派の最後の実力者もある青木とは、参院選の候補者差し替えを巡って、争っていた。


この後さらに何が起きたかというと、農水省は佳境に差し掛かっていたWTOの交渉で先導役を失い、
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20070529/20070529_011.shtml

安倍、中川秀と対立していた青木幹雄氏は窮地に立たされつつある、ということですね。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007060102020640.html




それでは応援本当にありがとうございますた。
明日もがんばります!
このブログのランキングサイト

関連記事
スポンサードリンク
  1. 2007/06/07(木) 07:27:16|
  2. 明日の売買サイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

玉蔵先生、おはようございます。
松岡農水相自殺事件、私も「自殺???」と思っていましたが、そこに至る前にこんなに不審な事件が続いていたのですね。
改めて闇の深さを想像できました。

先生のブログ引退、絶対だめです!
私が女の武器を使って、体を張って阻止しますぅ~!!
  1. 2007/06/07(木) 08:30:39 |
  2. URL |
  3. ゆか #-
  4. [ 編集]

最近朝更新で(知らなかった><)「明日の・・・・・」と出ると、今日じゃないのかと思ったりします。なぜなら後場終了時に見ることが多い私。
日付入れてくれるか「今日の売買サイン」でないと私の頭は錯覚してしまいます;;
  1. 2007/06/07(木) 18:41:19 |
  2. URL |
  3. たま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://www.golden-kintama.com/tb.php/140-d4fcf7c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)