過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

本ブログは移転してます!

最新記事は新ブログでお読みください!⇒http://golden-tamatama.com/
スポンサードリンク

ハチさんについて

title.jpg

本日ワタスが注目したのはこの記事です。

さかな君さんではなく。

蜂さん。

蜂さんって不思議ですね。

ハチの巣は反重力効果もあると言います。
最近ワタスが一押しのブロ友さん
およよさんの記事
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-812.html


天皇を守る組織。
日本にもサンカという組織、昔から蜂須賀小六さんとか。
蜂とつく名前はなんというか。。
昔から何かありますね。

モルモン教の聖地ソルトレイクシティのあるユタ州は別名ビーハイブ・ステイト(ハチの巣州)と言います。
まぁ、知ってる人は知ってますが。

蜂には何かある。。
アダム・ヴァイスハウプトさんのイル見ミナティは元々なんという名前だったのか。
探したら分かるかと思うのですが。

この蜂野郎!
今年は蜂の巣ジェットで家のスズメ蜂を退治しますたが。。

一体ハチさんには何があるだ。。

↓以下のこの記事は、蜂が太陽光発電するということのようですが。。

太陽光からエネルギーを生成する色素を持つオリエントスズメバチ(資料写真)。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/solar-powered-oriental-wasp_29886_big.jpg

 最新の研究によると、スズメバチの一種オリエントスズメバチ(学名:Vespa orientalis)には、
太陽光から電気を生成する“ソーラーセル”が組み込まれているという。初めて動物界で“太陽光
発電”が確認された。

 研究チームのリーダーでイスラエルにあるテルアビブ大学のマリアン・プロトキン氏は、
「オリエントスズメバチは外骨格の内部で電気を生成する。しかしその仕組みは謎だった」
と話す。

 オリエントスズメバチの発電現象を発見したのはプロトキン氏の師に当たる故ヤコブ・
イシャイ氏。太陽が最も強く照らす時間帯に活発に行動する生態から、この事実にたどり
着いていた。ほかのスズメバチにはこのような習性はないという。プロトキン氏の研究チームは
この発見からさらに一歩進み、ハチの外骨格の構造を解析し、電気がどのように生成される
のかを解明した。

 まず表面の茶色の組織が光を捕獲し、黄色の組織が光から電気を生成する。「ただし、この
電気を何に利用しているのかよくわからない」とプロトキン氏は述べる。「それでも、研究を始める
際に周りから“うまくいくはずない”といわれていたので、まずは十分な成果だと思っている」。

 人間が作る太陽電池の発電効率は通常10~11%程度だが、オリエントスズメバチはわずか
0.335%しかないという。したがって、エネルギーの大部分は依然としてエサから得ていることに
なる。

「しかし、この点はそれほど重要ではない」とプロトキン氏は話す。「なぜなら、植物や微生物の
間で太陽の光を捕獲する集光性がみられることは珍しくないが、動物界ではいままで確認された
ことはなかったのだ」。
本当に有難うございますた。


↓ブログランキングに参加しています。応援して下さる方はクリックよろしくお願いします。
banner2.gifにほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ スポンサードリンク

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2010/12/28(火) 19:55:35|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12